診療科のご案内

特色

当国立弘前病院は、青森県津軽地方における基幹医療施設として18診療科を標榜し、一般医療を広く行うとともに、専門医療施設として機能付与された「がん診療」及び「成育医療」のほか、「エイズ治療」等の専門的かつ高度な医療を行っている。また、地域の「二次救急医療」を担っており、併せて卒後研修、臨床実習及び看護師養成を行っている。

がん診療

入院患者数の約40%を占めており、特に消化器系癌、血液悪性疾患、乳がん、骨軟部悪性腫霧腫瘍、呼吸器癌、泌尿器系癌等の手術・化学療法を中心とした診療を行っている。

成育医療

地方周産期医療拠点病院として母子医療センター、NICUを中心に高度な医療を行っ ている。

エイズ治療

エイズ拠点病院の指定を受け、受け入れ体制の充実を図っている。

救急医療

救急告示病院として第二次救急輸番制病院に参加し、救急医療活動を行っている。 また、小児科における救急24時間受け入れを行っている。

その他の医療

特殊外来として更年期や不妊、更に専門外来として補聴器、リウマチ、膝、ストーマ、小児慢性(アレルギー、内分泌)、発達障害等に取り組んでいる。また、セカンドオピニオン外来や女性専用外来を行っている。